ジーンズにはベルトをコーディネートするのがおすすめ

ジーンズのコーディネートアイテムの中で、僕が重要視している物は、ベルトです。

touch is love ®︎ JEANSは、
企画の段階からベルトのコーディネートを前提とし、デザインされています。

ベルトをすることで、

1、穿き心地がアップする
2、ジーンズのウエスト部分の見た目に凹凸感、つまり立体感が生まれ、高級感がアップする
3、腰で穿くのが基本のジーンズにとって、ベルトの分だけ股上が短く見える(=カッコよく見える)

この3点が、メリットです。

ベルト選びで、注意するべき点は、ベルトの幅(=太さ)です。

2cm〜2.5cm幅の細いベルトは、若干ゆる目に、実用性を無視してオシャレな感じでするのなら良いのですが、ぎゅーっと締めるとサイズが大きめのジーンズの場合、ベルトがジーンズの上端から落ち、体に直接当たってしまいます。

この『ベルトがずり上がり、体に直接ベルトが触れている状態』は、腰のホールド感がない状態。腰の押さえが効いていないだけでなく、お腹側への負担も大きい状態です。

とくに、座り仕事がある人にとってはこの状態は腰が不安定だし、腰が不安定だと脚にも良くありません。

なので、ジーンズを「腰で穿くため」のベルトは、ある程度の幅が必要です。

タッチイズラブジーンズには、およそ4cm幅のベルトがお勧めです。

ショップオリジナルのデニムのリングベルトは、4cm幅でジーンズと同じ生地を使用しお作りしています。腰のホールド感がアップし、見た目の凹凸感もアップし、股上が短く見え、カッコよく穿きこなせます。
また、靴やカバンの色に関係なく気軽に、コーディネートを楽しめます。

ショップでは、ジーンズに合うこだわりの革ベルトも多数ご用意しております、お気軽にご相談下さい。

ベルトを作っている様子です。

関連記事

★冬季セールのお知らせ★

カットオフジーンズの活用

おすすめ
ジーンズについて
  1. ジーンズと靴下のコーディネート大人編

  2. 保存版 スポーツウェアとジーンズのコーディネートのコツ

  3. ジーンズの主張を抑えたトップスを選ばないネイビーステッチジーンズ

  4. ノースフェイスとタッチイズラブジーンズとのスポーツコーディネート

  5. よりシャープな後ろ姿にリニューアルしたバックポケット

  6. デニムジャケットとジーンズの組み合わせ

  7. 膝下を短く見せないジーンズのロールアップ

  8. デニムジャケット|シャトルデニムを使った贅沢なジャケット

  9. スポーツウェアとジーンズのコーディネート|冬のビーチスタイル

  10. デニムジャケットの冬コーデ

  1. 大人の着こなし|カットオフジーンズの活用シューズ編

  2. 裾のアタリが残る、いかにも裾上げしました、じゃないジーンズ。

  3. シャトル織機で作られたデニムの心地良さを感じて欲しいから

  4. ジーンズとコーディネートするデニムのリングベルト

  5. ジーンズの内側には、幸福の豆をデザインしたブランドネーム

  6. 自分だけのオリジナルジーンズ|リベット打ちを体験できます。

  7. ジーンズの修理

  8. ジーンズのプロであるジーンズの洗い工場が実際にやっている洗濯方法

  9. レングスオーダージーンズ|涙の形のステッチが消えてなくなります

お店の外観と内観

オンライン予約

TOP