茅ヶ崎ローカルチケット取扱店です。専用券、共通券のどちらでも使えます。

タッチイズラブジーンズ

タッチイズラブジーンズ タッチイズラブジーンズ

上質で穿き心地の良いジーンズ

心地良さは、サイズ選びから

上質なデニム(赤耳デニム)を使ったオーダージーンズがタッチイズラブジーンズです。

ウエストとレングス(長さ)を合わせてお作りするセミオーダーです。

一度も水を通していない段階のデニム生地を使い、ジーンズの縮率計算をしてから、洗いと乾燥をしています。

だから、お一人お一人ぴったりの長さに出来上がります。

もちろん、出来上がったジーンズを受け取ってから、もう一度洗ったりする必要がありません。

大事なことは、自分ために作られた、自分のジーンズを穿きこなすこと。

最初は濃いインディゴだったジーンズが、繰り返し穿いて洗われるうちに、次第に色と風合いが変化していきます。

ジーンズ
2011年当時のスタンダードフィットジーンズ。2011年のお店のオープン当初から愛用していただいてる、お客様のジーンズです。

形は、時代に合わせてバージョンアップを繰り返しています。

はき心地の秘密は、素材の良さと、動きやすい形にあります。

形は、 疲れない、そして、動きやすい形を追求しています。

時代に合わせて、バージョンアップを繰り返しています。

素材は、シャットル織機で作られた、上質なビンテージデニム。その柔らかな風合いは、長続きします。

そして、繰り返し、履いて洗うことで、時間とともにお気に入りの色に変化していきます。

素材の良さと、はき心地の良さ、そしてお気に入りのサイズと色合いが、気持ち良い毎日を過ごす秘訣です。

そして、touch is love ジーンズのはき心地良さは、サイズがぴったり合っていることも重要なポイントです。

ほんの少しのサイズの違いでも、見え方が違ってきます。

スタンダードフィット2019年バージョン

最初は濃いインディゴ色のジーンズが、次第に色落ちしていきます。

朝、洗濯したてのジーンズを穿くと、ちょっと縮んだかなと思うかもしれません。

その縮みは、およそ3mmくらい。朝の支度をしている間に、自分の体に馴染んできます。

どんなデニムでも、こんな感じに変化するかというと、残念ながら、そうではありません。

良質な綿を紡いでつくられた綿糸を、時間のかかるシャットル織機で、風合いよく織り上げられた上質なデニムならではの変化です。

上質なデニムは生地に膨らみがあってしっかりしているのに、柔らかい風合いが長続きするからです。

最初は、濃いインディゴ色だったジーンズが、繰り返し、穿いて洗われることで、色落ちしていき、自分の体になじんだ良い風合いのジーンズに変化します。 

後ろ姿にメリハリを感じられるデザインです。

人間の目は、ほんの少しの凹凸を感じることができます。

この凹凸が、ジーンズにとって、とても大切なポイントです。

だからポケットだけでも、4種類の太さの異なる糸を使って縫われています。すべてホワイトのステッチですが、場所によって白さを変えています。

ポケットの上半分は、お尻が上がって見えるように、デニムを2枚重ねた仕様になっています。

お尻に余裕のある形は、ダックテイル(アヒルのしっぽ)と呼ばれていて、後ろ姿にメリハリを感じられるデザインです。

スタンダードフィット

ポケット上のカーブしたラインが、かっこいいおしりの秘密です。

後ろポケットに大事なことは、脇からの距離や、傾きによる、距離のバランスです。

ポケットの余白のスペースが、かっこいい後ろ姿をつくる秘密です。

後ポケット自体の形も、特徴の一つです。ポケット上のカーブしたラインが、かっこいいおしりの秘密です。このカーブラインがあるから、おしりが上がって見えます。

新しい時のジーンズは、バックポケットのステッチのメリハリが、凹凸感を引き出します。

涙のステッチは消えてなくなります。

ジーンズを繰り返し穿いて洗ううちに、ある日、涙のステッチが消えかけていることに気づくと思います。 

涙のステッチが消えた跡には、かすかにインディゴだけが残ります。

涙ステッチが消えてきても、アタリと呼ばれるデニムの表面が削れた白い部分が、より自然な凹凸感を引き出します。

飛行機、車、電車など、長時間座っている時でも疲れないジーンズ

夜寝るときにパジャマが楽なのは、服圧が少ないから。

パジャマほどリラックスはできないけれど、タンスにしまわれっぱなしにならないで、毎日履いてもらえるように、形を工夫しています。

座っている時は、お腹が窮屈になるのがイヤですから、ジーンズのウエスト部分は、腰骨の前側の出っ張りの位置になるように、設計されています。

しゃがんだりした時に、背中が見えたり、すぐにシャツが出てしまったりするのはイヤですから、ジーンズの背中側は、高い位置にくるように設計されています。

横から見ると、お腹側(前側)がおへその下にあって、背中側(後側)は、高い位置にくるように設計されています。

お尻周りが、きつ過ぎるのも、疲れる原因です。

足の付け根から、ウエスト方向(上方向)に約8センチ上がった部分の円周の大きさも、ゆとりをもたせています。ここの部分がきつ過ぎると、骨盤自体が圧迫されて、疲れる原因になるからです。

もも周りも、タイト過ぎると、足が疲れてしまいます。

けれども、ここの部分の円周が大きいと、お尻の下(ももの裏側)がダブついてカッコ悪いので、大き過ぎないように設計されています。

料金 

セミオーダージーンズ
ボタンフライ・ スタンダードフィット・ストレート(赤耳デニム)
35,200円(消費税込み)

デニムリングベルト
赤耳デニムリングベルト
7,150円(消費税込み)

オーダー時に、料金を頂いております。

  • 現金
  • クレジットカード(VISA, Master, American Express, JCB, Diners Club)
  • Paypay

がお使い頂けます。

納期

出来上がりまで、ご試着〜30日ほど、お時間を頂いております。

touch is love ブランドについて 

ブランド名の、タッチイズラブ® は、Keiko WalkerさんとShimeさんの BROKEN ASHES(ブロークン・アシェズ)が歌う、Love (John Lennon)という曲のフレーズ love is touch. touch is love.(愛することは、ふれあうこと。ふれあうことは、愛すること。) から名付けられました。

ブランドロゴ原画

製作者プロフィール

工藤 琢 

1968年生まれ。

実家の秋田の割烹旅館で、18才まで過ごした後、神奈川県内で学生時代を過ごす。

1990年から、スポーツ用品メーカー 株式会社ゴールドウインにて、スキー・スノーボード用品の営業を経験。

1998年から、割烹旅館の仕事に就く。

2000年から、リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社にて、ジーンズの商品企画、生産管理、品質管理を、経験。

2006年から、ブルーデザイン株式会社を設立して、国内外のアパレルメーカー・工場への、ジーンズの商品企画、生産管理、品質管理のコンサルを行う。

2007年 touch is love ® の商標登録。

2011年 湘南 茅ヶ崎のオリジナルブランドのジーンズショップ touch is love ® JEANS store (タッチイズラブ®ジーンズストア)をオープン。

2019年 事務所移転。

タイトルとURLをコピーしました