質感を合わせたジーンズのコーディネート

ジーンズのコーディネートの1番のコツは、素材の質感を合わせることです。

特に、上質なシャトルデニム(いわゆる赤耳デニム)を贅沢に使ったジーンズと、トップスを合わせる時には、気をつけたいポイントです。

素材の質感を合わせるには、「天然繊維のトップスとコーディネートすること」と置き換えて理解しても良いです。

理由は、素材の質感=膨らみ感を合わせると、コーディネートが上手にできるからです。

タッチイズラブ®︎ジーンズに使われているシャトルデニムは、生地を構成する糸が、自然なムラ感を表現しているデニムだから、自然と、デニム生地に膨らみ感があります。

この、デニム業界では通称ムラ糸と呼ばれる、一本の糸の中に、太い所と細い所がある糸は、穿き込むことで、糸の太い部分から先に色落ちが始まります。(正確には、インディゴ色が剥げ落ちていく状態)。天然繊維である綿の特徴である不均一性を生かしたシャトルデニムならでは特徴です。

この自然な膨らみのある素材のボトムスには、同じく、羊毛などの「自然な膨らみのある天然繊維」のトップスを合わせることが大事です。

一方、天然繊維であるウールであれば、どんなトップスでも合うかというとそうではありません。

例えば、羊毛を毛羽立たないように改質したり、なるべるムラ感が出ないように細く仕上げた糸で綺麗に編んだ生地のトップス(ポリエステルが多めのセーターなど)では、シャトルデニムで作られた贅沢なジーンズとは、相性がイマイチな感じのコーディネートになります。

ぜひ、お手持ちのトップスをジーンズに合わせてみてください。

つるっとした表面感の素材のトップスだと、タッチイズラブ®︎のジーンズには似合わないことが、実感できることと思います。

コーディネートでお困りのことがあれば、お店に試着に来た時でも良いですし、別途オンラインでのご相談(500円/15分)も大丈夫です。お気軽にどうぞ。

イイ感じの色になかなかならないとお悩みの方には、スペシャルユーズドジーンズをご用意しました。詳しくは、https://touchislovejeans.com/special-used-jeans/ をご覧ください。第1回オーダー締め切りは2021年12月29日です。

同じカテゴリーの記事

RECOMMEND

TOP