秋の着回しコーディネート|ワイドデニムとストレートデニム

トップスにスウェットしばりのコーディネートのコツ

秋のコーディネートのご紹介です。トップスはライトグレーのスウェット。ボトムは、ワイドデニム、タイト目のストレートデニム、カットオフのデニムショーツをコーディネートしました。

スウェットは、もともとはスポーツアイテム。だから、靴はスポーツが感じられるブランドのものをチョイス。靴の素材はあくまで、コットンやレザーといった、スエット素材になじむものがオススメです。「靴のボリューム感に気をつけながら」デニムとのコーディネートお楽しみください。

はじめに

スウェットとデニムは、シンプルで取り入れ易いコーディネート。秋の定番です。

ワイドデニムとスケートシューズのコーディネート

タイト目なストレートデニムとダナーブーツのコーディネート

けれど、シンプル過ぎるかなとも思うのです。凹凸感が足りなくて、のっぺりした印象です。

シンプルすぎるを解消してくれるのが、帽子とサングラス。忘れちゃいけないのがベルト。

スウェットとデニムというコーディネートは、シンプルさが魅力。だけど、ちょっと物足りないという時に、活躍してくれるのが帽子とサングラスです。

帽子を選ぶ時に、一番気にして欲しいのが「靴のテイスト」。靴のテイストとはブランドの歴史。ブランドヒストリーが、スケートボードだったり、アウトドアだったり、リゾート風だったり。靴の、形、素材にブランドヒストリーが反映されています。だからこそ、本来、シューズブランドが活躍するシーンに合わせて、帽子をコーディネートするのがコツです。

また、サングラスは、色の強弱を加えるのに役立ちます。黒を強調してくれたり、ポイントカラーの赤が入っていたりと、コーディネート全体の凹凸感をアップさせてくれます。

もう一つ忘れてならないのはベルトです。スウェットに隠れて見えないかもしれないけれど、ジーンズの凹凸感をアップさせてくれる重要なアイテムです。

では実際に、デニムの太さと裾に注目したコーディネートのご紹介です。

ワイドシルエットデニムのコーディネートのコツ

その1、デニムのボリュームに合わせて、ボリューム感のあるスケートシューズをコーディネート。

その2、ワイドデニムをロールアップして、ポインテッドトウのパンプスに合わせる。

タイト目なストレートデニムのコーディネートのコツ

その1、スニーカーは、タイト目なデニムに合わせて、シンプルなスリッポンをチョイス。

その2、ダナーブーツをコーディネート。裾のもたつきが気になる時は、2.5cm幅のロールアップがおすすめ。

デニムのカットオフショーツは、秋の着回しにも活躍できる。

その1、シンプルなスリッポンとコーディネート

その2、アウトドアブランドのブーツとコーディネート

まとめ

デニムがボリュームある時には、靴もボリュームがあるタイプをチョイスするのがおすすめです。
そして、細めの靴に合わせる時、デニムをロールアップすると上手く着こなせます。

デニムがタイト目の時には、靴はシンプルなものを。
ゴツゴツしたブーツを合わせるには、 あしながロールアップ がおすすめです。

今回は、ライトグレーのスウェットしばりのコーディネート。
グレー系のスエットに相性が良いのは、やっぱりブラックの靴や小物。
色相 を合わせることも、コーディネートの大事なポイントです。

関連記事

おすすめ
ジーンズについて
  1. ノースフェイスとタッチイズラブジーンズとのスポーツコーディネート

  2. よりシャープな後ろ姿にリニューアルしたバックポケット

  3. デニムジャケットとジーンズの組み合わせ

  4. 膝下を短く見せないジーンズのロールアップ

  5. スポーツウェアとジーンズのコーディネート|冬のビーチスタイル

  6. デニムジャケットの冬コーデ

  7. チノパンツ|ワイドフィットストレート

  8. ジーンズギフト券

  1. 裾のアタリが残る、いかにも裾上げしました、じゃないジーンズ。

  2. シャトル織機で作られたデニムの心地良さを感じて欲しいから

  3. ジーンズとコーディネートするデニムのリングベルト

  4. ジーンズの内側には、幸福の豆をデザインしたブランドネーム

  5. 自分だけのオリジナルジーンズ|リベット打ちを体験できます。

  6. ジーンズの修理

  7. ジーンズのプロであるジーンズの洗い工場が実際にやっている洗濯方法

  8. レングスオーダージーンズ|裾のアタリの残るジーンズ

JEANS|Regular Fit / Tapered

DENIM RING BELT

DENIM JACKET

CHINOS | Wide Fit / Straight

TOP