大人の着こなし|カットオフジーンズの活用シューズ編

カットオフジーンズの強みは、コーディネートできる靴のバリエーションが広がるところ

スポーツブランドのシューズとジーンズの、大人のコーディネートに挑戦しませんか?

そのコツは、ジーンズの持つカジュアルなイメージと、スポーツブランドとの、イメージの差を小さくするアイテムを選ぶことが、コーディネートを成功させる秘訣です。

それが、カットオフジーンズです。

裾の部分の厚みをなくし、かつ、フリンジという目を引くポイントを作ることで、スポーツシューズとのイメージのズレを緩和してくれます。

ぜひ、カットオフジーンズを活用して、スポーツシューズとの大人のコーディネートを楽しんでください。

ライン入りシューズ(VANS)

濃色ジーンズとライン入りのシューズのコーディネートでは、スポーティーなラインのデザイン強調され過ぎて、ジーンズの持つカジュアルイメージと、シューズのスポーツイメージの、ミスマッチ感が生まれます。

ユーズドジーンズとのコーディネートでも、ジーンズのアタリと呼ばれる裾の白い部分が、よりカジュアルな印象を与え、シューズのスポーティーなイメージとの差が強調されます。

ところが、裾がカットオフ仕様のジーンズと、ライン入りシューズの組み合わせると、ジーンズの裾の厚みが無いことと、目をひくフリンジが、シューズのラインの印象を弱めて、すっきりとしたコーディネートに仕上がります。

ジョギングシューズライン入り(Nike)

スポーツイメージが出やすいジョギングシューズと、濃色ジーンズとのコーディネートでは、そのイメージの差が強調されます。

ユーズドジーンズになっても、ジーンズのカジュアルなイメージと、スポーツのイメージの差は埋まることはなく、ジーンズのアタリと、裾の厚みが悪目立ちしています。

そこで、ジーンズをカットオフ。厚底のジョギングシューズの場合、デニムの持つカジュアルなイメージと、ジョギングシューズのスポーティーなイメージの差がなかなか埋まりませんが、それでも、ノーマルな裾の濃色ジーンズと比べると、若干、イメージの差が縮まっている気がします。厚底じゃないオールドスタイルのジョギングシューズだったら、もう少し、馴染みが良いと思います。

ブランドロゴ入りスポーツシューズ(The North Face)

ブランドのロゴが入っているスポーツシューズは、シューズのブランドイメージ(この場合は、山イメージ)と、濃色ジーンズのカジュアルなイメージの差が出やすいのです。

ユーズドジーンズになると、デニム生地の厚みが微妙に薄くなるので、また、色が薄くなることで、ゴツさが軽減するので、ブランドイメージの差は小さくなります。それでも、ジーンズの裾のアタリと厚みがあるので、スポーティーなイメージとの差が出がちです。

そこで、カットオフジーンズと組み合わせてみます。すると、本来、ジーンズの裾にある三つ折り部分の厚さがなくなり、また、フリンジの薄さが、スポーツシューズの差材の薄さに馴染んでいます。

カジュアルイメージの底が白いシューズ(Vans)

ジーンズのカジュアルさと、シューズのカジュアルさのイメージの差がない組み合わせです。

ユーズドジーンズになっても、ジーンズのカジュアルさと、シューズのカジュアルさのイメージの差が無いため、ミスマッチ感はありません。

今までのジーンズとスニーカーの組み合わせと比べて、ジーンズをカットオフにすることで、新しさが加わります。

カジュアルイメージの黒一色のシューズ(Vans)

カジュアルなイメージのシューズと、濃色ジーンズの組み合わせでは、イメージの差がないので、うまくコーディネートできます。また、黒一色のシューズは、裾の三つ折り仕様と相まって、ドレスアップ感も出ています。

ユーズドジーンズと黒一色のシューズの組み合わせは、カジュアル感が出過ぎないコーディネートに仕上がります。

裾が三つ折りの濃色ジーンズと、カットオフジーンズとの、印象の違いは、フリンジ部分に薄いインディゴ色が入っている点。黒一色のシューズに変化を与えています。

まとめ

1、ジーンズとスポーツシューズのコーディネートには、イメージの差を少なくすることが、大人のコーディネートにつながる。

2、ジーンズのカジュアル感と、シューズのスポーツ感を解消するのに、カットオフは有効。

3、ブランドロゴやラインが目立っているスポーツシューズと組み合わせる時には、ジーンズの裾の厚みとアタリが、邪魔をしているときは、カットオフジーンズを選ぶ。

ということでした。

カットオフジーンズはスポーツシューズにも対応できます。

コーディネートに迷った時は、遠慮なくご相談ください。

タッチイズラブ®︎ジーンズの裾のオーダーバリエーション

タッチイズラブ®︎ジーンズは、オーダーの際に、裾のアタリが残る三つ折り仕様と、カットオフ仕様のどちらかをお選びいただけます。ジーンズの試着時に、合わせたいシューズをお持ちくだされば、ご相談を承ります。

写真左が三つ折り仕様。写真右がカットオフ仕様

関連記事

★冬季セールのお知らせ★

カットオフジーンズの活用

おすすめ
ジーンズについて
  1. ジーンズと靴下のコーディネート大人編

  2. 保存版 スポーツウェアとジーンズのコーディネートのコツ

  3. ジーンズの主張を抑えたトップスを選ばないネイビーステッチジーンズ

  4. ノースフェイスとタッチイズラブジーンズとのスポーツコーディネート

  5. よりシャープな後ろ姿にリニューアルしたバックポケット

  6. デニムジャケットとジーンズの組み合わせ

  7. 膝下を短く見せないジーンズのロールアップ

  8. デニムジャケット|シャトルデニムを使った贅沢なジャケット

  9. スポーツウェアとジーンズのコーディネート|冬のビーチスタイル

  10. デニムジャケットの冬コーデ

  1. 大人の着こなし|カットオフジーンズの活用シューズ編

  2. 裾のアタリが残る、いかにも裾上げしました、じゃないジーンズ。

  3. シャトル織機で作られたデニムの心地良さを感じて欲しいから

  4. ジーンズとコーディネートするデニムのリングベルト

  5. ジーンズの内側には、幸福の豆をデザインしたブランドネーム

  6. 自分だけのオリジナルジーンズ|リベット打ちを体験できます。

  7. ジーンズの修理

  8. ジーンズのプロであるジーンズの洗い工場が実際にやっている洗濯方法

  9. レングスオーダージーンズ|涙の形のステッチが消えてなくなります

お店の外観と内観

オンライン予約

TOP