愛あるジーンズ日記

ジーンズの美しさって、ステッチの埋まり具合にあると思う。

ジーンズの美しさ

デニム業界では、ミシンの上糸と下糸のテンションの事を、糸締まり(いとじまり)と呼んでいます。

一般的にジーンズを縫う時、良く使われるのが20番手と30番手。

しかも、日本では、コア糸と呼ばれる、蜘蛛の糸くらい細いポリエステルの糸の周りに、綿のカバーリングがされている、強くて伸びのある糸。(手で引っ張って伸びがわかる訳ではないけど)

コレを強めにセッティングして、ジーンズを縫います。

その時のデニム生地は、99.9%、一度も水を通していない、糊が付いたままのリジットのデニム。

ジーンズが縫い上がった状態では、当然だけど、糊が付いている固いジーンズ。

それを、ランドリーに運び、洗い・乾燥することで、デニムは生地縮み、強くテンションがかかっているステッチは、デニム生地の中に埋まります。

その埋り具合が、ステッチをより一層、美しく見せるのだと思います。

モノ作りの基準は「カワイイ感じ」。

タッチイズラブ®︎ジーンズストアのデニムベルトは、デニム生地が二枚仕立て。

デニム二枚では、なかなかステッチが埋まらない。

なので、細長いベルト状にしたデニムを、一度洗って乾燥させて、デニム生地をふんわりさせてから、デザインステッチを入れています。

そうする事で、「カワイイ感じ」のステッチが出来上がります。

このカワイイとは、上質とか品質が高いといった意味のカワイイ。ラグジュアリーブランドを見た時に言うカワイイいう台詞と一緒の意味です。

タッチイズラブ®︎ジーンズは、モノ作りにおける社是みたいなものに、カワイイ感じと言う基準があります。

そのカワイイ感じをお伝えしたくて、ジーンズやジャケットをデザインしています。

関連記事

PAGE TOP