愛あるジーンズ日記

新年の始めに

この投稿を見てくださっている皆様は、自分自身の、憧れる姿とか姿勢とか、態度とか振る舞いとか、声とか話し方とか、視線とか目線とか、自分の目標だったり憧れだったりの技量(技倆)みたいなものはありますでしょうか?
僕は結構気にしています。

ジーンズは、フィット、フィニッシュ、ファブリックという3つの観点を統合したのが商品の定義されると言うのが、リーバイス時代の上司のうちの一人の方の言葉。

そのなかでも一般の方にもわかり易いのが、フィニッシュ。フィニッシュとは見た目の、色のこと。

ジーンズは、自分自身の行動の履歴が、色となって現れます。
穿いて動いているうちに、あちこち擦れたりして、デニムのインディゴが剥がれて来ます。デニムのインディゴが剥がれると白い部分が見えて来ます。(デニムの経糸は、表面は紺色だけど、芯は白いので)
このインディゴの剥がれ具合が、紺色から水色を経て白になる、グラデーションです。

新年の初めに、いつも穿いているジーンズを、明るい光の中で見て見てください。
去年までの自分が、ジーンズに現れていると思うのです。

自分の事は、誰かに言われなくても、わかっているつもり。だけど、自分のジーンズを見たら、素直に認めざるを得ない事になってませんか?
ぜひ、新年最初のこの三連休に、ジーンズを眺めてみてください。
きっと新しい自分に出会える気がします。

ジーンズの色によるコーディネートの相談も承っております。遠慮なくおっしゃってください。

追伸、
私は、色より自分のウエストサイズが気になります(笑)
もし、ジーンズがゆるくなったり、小さくなっていたら、新しいサイズのジーンズをオーダーしに来てください。久々に穿く、濃い色のジーンズも良いですよ。
お電話お待ちしてます。

タッチイズラブジーンズストア
工藤琢
080-4337-1173

関連記事

PAGE TOP